伊豆稲取キンメマラソン1

6月12日(日)、NPOはり灸マッサージ会は、伊豆稲取キンメマラソンで「刺さないはりケア」を行いました。
10:45ころからランナーが到着。
息が苦しそうで、私たちのケアを受ける方はいませんでした。
ところが、1人治療を始めると次から次へとランナーが来ました。
鍼灸師は5人。1人は受付。
4人は治療。
途中、ランナーが途切れることがなく、やっと一息ついたのは13:30頃でした。

ケアを受けたランナーは120人
皆さんの声
柔らかくなった。
楽になった。
立ち上がるとき少し楽。
軽くなった。
痛みが取れた。
すごい。
さっきよりぜんぜんいい。
違う感じ。
力が入るようになった。
大丈夫。
気持ちいい。
あれ!
すぐ効く。
すげえ。
あっという間。

ランナーの皆さん、お疲れ様でした。
参加してくださった鍼灸師の皆さん、ありがとうございました。

キンメマラソン2キンメマラソン6キンメマラソン6

広告

伊豆稲取キンメマラソン2

6月12日(日)、NPO法人はり灸マッサージ会では、伊豆稲取キンメマラソンで「刺さないはりと陶器灸ケア」を行いました。
治療をしたのは10kmコースと21kmコースに参加したランナーのみなさんです。
そのときのカルテから愁訴を部位別に集計してみました。
1人で複数の愁訴がある場合も全部カウントしました。
男性の愁訴は1位下腿後側、2位大腿前側、3位膝前側でした。
女性の愁訴は1位膝前側、2位下腿後側、3位大腿前側でした。
ランナーのお話を聞くと、下りの勾配がきつく足に負担がかかったということでした。
アップダウンが厳しく、苦戦したというランナーも多かったです。
部位別愁訴はコースの状況を反映していると考えられます。

カシミール3Dで21kmコースの断面図を制作。
これによると、登り(累積標高+)が350m、下り(累積標高-)が600mあります。
かなり過酷なコースだったことが考えられます。
ランナーのみなさんは大変な走りだったと思います。
でも共通した感想は、
「海がきれいだった」
ということでした。
伊豆の特徴が十分に生かされたコースだったようです。

0男性キンメ0女性キンメ愁訴の部位い稲取キンメマラソン地図い稲取キンメマラソン断面

 

パーキンソン病友の会鍼灸体験会

パーキンソン病友の会鍼灸体験会を下記のように開催します。

今まで静岡市のはーとぴあ清水で開催していましたが、今回は藤枝市生涯学習センターで開催です。

 

主催 全国パーキンソン病友の会静岡県支部

日時 7月10日(日) 12:30~16:00

会場 藤枝市生涯学習センター(藤枝市茶町1丁目5−5)

第1部 ミニ講演

演題 パーキンソン病と星状神経節

講師 鈴木 暹(NPO法人はり灸マッサージ会理事長)

第2部 パーキンソン病の鍼灸体験

国家資格のある鍼灸師が陶器灸と刺さない鍼で治療します。

星状神経節画像b